法律 倫理

ビル

法律と倫理との違いとは

日本において法律とは国会で成立した、その国内における文章化されたルールです。
どんな人やどんな場面で適用されるかはその文章の中に書かれているので仕事や日常生活でも気づかないまま使われていることさえあります。
一方、倫理とはそれぞれが持っている物事の良い悪いの判断にかかわるもので、こちらも日常的に使われています。
どちらも善悪の判断に使われるものですが、それぞれ少しずつ違いがあります。
法律は様々な事柄に対応するためある程度抽象的な決め方をせざるを得ないのに対して倫理は個別の事情に合わせて具体的なものにすることができます。
また、法律は文章化されているためだれが見てもその考え方に大きな差が出にくく、ほかの人とどのように使われるかという認識に対して争いになりにくいです。
それに対し、倫理はそれぞれ持っている人が過去の生活や体験によって違いが出ることが少なくなく、個別的なものになれば互いに正反対の結論に至ることさえあるため理解しあえないということもおこりえます。

関連情報一覧

倫理は法律の範囲外ではありますが密接な関係があります

法律と倫理との違いとは

問題が発生した場合の法律と倫理の関係

法律と倫理の違いと相関関係について