法律 倫理

ビル

法律と倫理の違いと相関関係について

法律は、社会規範として明文化されているルールや規制のことを言います。
そして法には自然法と実定法の二つが存在し、自然法は法制定以前から自然に存在し元々あるとされる法のことを言います。
一方、実定法は現実として国会による立法機関によって制定された法のことを言います。
実定法には成文法と不文法の二つがあり、成文法は実際に条文が存在する法で、不文法は条文が存在しない慣習法や判例法などを言うとされます。
なお倫理は人の守るべき道という意味があり、法律との違いは法的強制力が働くか働かないかの違いがあります。
人の守るべき道というのは道徳であったり、マナーであったり、常識であったりすることが多いです。
ただそれらは法によって守ることを強制されたり、縛られることはないという点があります。
イメージとしては倫理は法の土台基盤を構成している役割があり、その土台基盤からにじみ出てきて、重要だと抽出されたものが法として具現化されたと捉えることも可能です。
そのため、倫理の方が法律よりも広い範囲での意味が見られます。

関連情報一覧

倫理は法律の範囲外ではありますが密接な関係があります

法律と倫理との違いとは

問題が発生した場合の法律と倫理の関係

法律と倫理の違いと相関関係について